論計舎

論と計の科学オンライン私塾

Group Description

論計舎(ろんけいしゃ)は、 数理論理学と計算機科学を主軸とした オンライン私塾です。 チューター講座メンター講座を開講し、様々なイベントも行なっています。

論計舎は数理論理学と計算機科学を「論と計の科学」として掲げそれを伝え広めることをミッションとしています。

そこには数学的な原理が背景にあり、論理・計算を必要とするすべての人に益するであろうという思いが動機にあります。

「論と計の科学」

論理的に考えるとき、私たちは step by step でつまり一つ一つの正しい手続きを踏んで結論に至ります。同様に簡単な計算をするときでも、私たちは一行ごとに式を変形しながらやはり正しい手続きに従って値を求めます。

実はこの論理と計算が数学的に同じものであるという原理があり、それをCurry-Howard対応というのですが、コンピュータという論理的な推論の主役とプログラミングという計算の世界の王は表裏一体であると考えられています。 このことから、論計舎は「論と計の科学」を掲げるのです

論計舎が提供する「論と計の科学」は、たとえば次のような人のボトルネックを解消するものです。それは、プログラミングはできているけどいっそう複雑だったり大規模だったりするプログラミング業務へ飛躍したい方や逆にプログラミングをできるようになりたいのにどこから手をつけていいかわからない方などです。

ひるがえって「論と計」のうち「論」のほうに着目すると、人間の思考や科学という営みを説明するために哲学であったり、ことばを話せるとはどういうことかを理解するために言語学であったり、法律にまつわる厳密な議論を数学的に扱うための法学だったり、学術的な世界で様々に使われています。 しかも、AIや統計的手法を正当化するという要請から、「論と計の科学」を産業や実務で応用していこうという動きも盛んになりつつあると言える現状があるでしょう。 したがって、もしあなたが「正しさ」とか「厳密さ」とかそうしたある種の絶対的な保障や理解を求めるのであれば、「論と計の科学」はあなたに多くを与えるものなのです。

論計舎は「論と計の科学」を広めることをミッションとし、その普及を通して世の中を滑らかにそして明らかにすることを願っています

三つの柱

論計舎には「セッション主義」、「対話の重視」、「学びのオートクチュール」という三つの柱があります。 これらは密接に関わり合っています。

セッション主義

論計舎の中心となるサービスはチューター講座です。チューター講座はZoomを用いた通話にて選りすぐりの講師たちが数学の学びをサポートします。 その中心にあるのが、セッション主義なのです。

われわれは一回の通話を「セッション」と呼びますが、これを一つないし二つのトピックについて徹底的に議論する単位と捉えています。 「対話の重視」で後述するようにわれわれは、議論することを重んじます。そして、一つの通話の中でわれわれが提供するのは、わかったつもりになれる冴えた説明でなく、正確な理解に至るための堅実な議論なのです。 一人の講師と徹底的に議論し特定のトピックについて会得していただく。このための通話のあり方をセッション主義とわれわれは呼んでいます。

セッションの中で具体的にはたとえば、講師がまず「お手本」として数学の内容を解説してから、続いてそれを生徒さんに同じ範囲について発表していただき、最後に講師が質問・コメントをします。この質問・コメントにより、生徒さんは「わからないこと」に自ら気が付きます。それを二人でさらに解決していくのです。

このやり方は大学数学科でよく行われるセミナー・輪読という形式に倣っています。このセミナー・輪読の精神が、次で述べる「対話の重視」です。

対話の重視

われわれはセミナー・輪読という形式を重んじ、その対話を重視するという精神を重んじます。

大学のセミナーないし輪読は、少人数で集まり誰かが講義を順番にするというものです。具体的には、読み進める本や論文をきめ、学生がそれについて他の学生や教官の前で説明・発表をします。発表者以外は、発表者に質問をし、双方の理解を助けます。発表者は、読んで理解したことを講義するので、あらかじめ内容を把握し相手にわからせる必要があります。他人に説明しようとすると、自身の理解は深くならざるをえません。さらに内容の把握のために自身のわからないことを自力で理解しなければなりません。 この輪読という形式の根底に、数学は対話を通して学ばれるものであるという考えがあります。

その輪読という形式の精神をオンラインでしかも一対一の形で再現するのが論計舎です。

論計舎の生徒さんは、講師との対話を通して「わからないこと」がわかるようになる、つまり疑問に気が付く能力を得ることができるようになります。 論計舎の生徒さんは、講師との対話を通して教科書を読んだだけではわかったつもりにはなれても理解に自信がなかったり使いこなせなったりする数学の知識を理解し使えるようになります。 論計舎の生徒さんは、講師とは対話を通して自身では理解したつもりになったものをいっそう深く理解できるようになり、自信をもって数学を理解したと考えられるようになります。 それはチューター講座のセッションを通してかもしれませんし、メンター講座でのチャットでのやり取りを通してかもしれません。

そうした対話の意義を深化させるのが、「学びのオートクチュール」です。

学びのオートクチュール

オートクチュールの歴史はフランス革命に遡ります。 十九世紀フランス革命によって身分制度が廃止されたフランスでは、人々が自分好みの服を着れるようになり、大衆向けにデザインや大きさが統一された衣服が登場しました。 それでも仕立て屋に頼んで特別に服を作ってもらう事はなくなりません。そんな中で生まれたのが「オートクチュール haute couture」です。 これはフランス語で「高級」を意味する「オート haut」と、「裁縫」を意味する「クチュール couture」が合わさって出来た「高級仕立服」を指す言葉です。 貴族でなく市民に高級な仕立て服を提供するのが、オートクチュールの始まりでした。

数学は往々にして、大学をはじめとする専門機関に所属する人や最初からそうした人との繋がりを持つ人しか学べなかったりしますし、その学習は時間や習熟度による制約や目標に制限されてしまいがちです。

その限定や制限を取り払った質の高い数学を学習する機会を提供するために論計舎は、生徒さん個人のご都合や習熟度、目標に沿ってカリキュラムを提案します。これを「学びのオートクチュール」と呼んでいるのです。

そして、それを可能にしているのが、セッション主義であり対話の重視なのです。

さらに論計舎の生徒さんは卒業後の論計舎と講師さんと繋がりを持ち続けます。オートクチュールの衣服をサイズ直したりメンテナンスするように、論計舎は生徒さんの卒業後も講師とパーソナルな繋がりをもっていただけ、たとえば論計舎を通してキャリアアップできたのちもセカンドオピニオンを提供者や新しい活躍の場での外での相談の相手になるのです。

講座紹介

チューター講座はベーシック講座とアドバンスド講座の二つに分かれ、どちらもZoomでのセッションをメインに対話をしつつ、日頃からチャットにて質問・相談をいただける仕組みとなっております。

メンター講座では、学習方針を立てたりペースメイキングをしたりしながら、チャットにて質問・相談に対応し、ノート添削などをしております。

教材

数理論理学スターターマニュアル

論と計の科学の門を叩こうとする人に少しでも適切な門を紹介しようとテキストを書きました。 論計舎 web shopの商品ページより無料でダウンロードいただけます。

自然演繹100題ノック

自然演繹の証明図をひたすら書く教材を作成・公開しました。ただいま第三版です。 論計舎 web shopの商品ページより無料でダウンロードいただけます。

協賛・支援

数学市民化プロジェクト

論計舎は、数学の普及活動を行う「数学市民化プロジェクト」を応援しております。 同プロジェクトは、現代数学を解説するMathpediaというサイトやMathpediaチューター室という学習支援のサービスを提供されています。

論理学友の会

論計舎は、論理学友の会を支援しております。 論理学友の会は、数理論理学・計算機科学というを中心としつつも、コンピューターサイエンス・哲学・言語学など様々な意味での 「論と計の科学」 に興味を持った方々が集まってできています。 Discordサーバーでの交流やそこを通した読書会、また今は休止中ですが「例会」という発表・討論を行うweb セミナーを行なっています。

Upcoming Events

Public 2023/02/04(Sat) 14:00〜

論計祭#1

論計舎 論計舎

オンライン

3/5

Public 2023/03/18(Sat) 16:00〜

論計祭#2

論計舎 論計舎

オンライン

0/6